走りに勝る練習なし

走りに勝る練習はないと、大学時代から思っていた。

今、ウエイトトレーニングをして、そのための本を読んだりする。

思うことは、ウエイトトレーニングはウエイトトレーニングだということだ。ウエイトトレーニングは、走るための手段の一つに過ぎないということだ。これはよく、言われていることだ。

わかっていても、どうしても走りの量が減ってしまったりする。それでは、だめだなと最近よく思う。言ってもやっぱり大事なことは走ること。どんなに少なくても、走る練習は週に2回。理想は3回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA