教える指導者か、教えない指導者か・・・?

一般的に教える指導者とは、指導熱心で、細かく練習メニューを与え、指示やアドバイスをたくさんくれて、心の拠り所としても大きな存在になる人ではないか。
一方、教えない指導者は自分が定義するに、放任主義(自由気ままにやらせて、干渉しない主義)の人だと考える。

どちらがよい指導者かと聞かれると、前者のような気がするだろう。自身の高校時代の指導者はというと、間違いなく後者だった。
練習メニューは出てるようで、出ていなくて、その日の体調や調子で内容を変えてもあれこれ言われることはなかった。大会前の調整は、入学した時から、自由にやれと言われただけで、指示は一切出さなかった。
高3のインターハイ前の1ヵ月間は、全部、自分で考えてやっていいと言われて、全部自分で考えて練習をさせてもらった。その時は、もう自身で考えてやる習慣が身についていたので、そういわれた時、やったーと思った。

当時、周囲の学校の先生からは全く生徒を見ていないとか言う声を、ちらほら聞いたが自身としては何の不自由さも感じなかった。むしろ、こんなにいい指導者はいないと思っていた。なぜかというと、なにも言わなかったが、顧問の先生には間違いなく陸上競技への熱意が感じられたからだ。練習場所も確保してくれたし、道具もたくさん揃えてくれた。だから何の不満もなかった。わけではないが、よかったと思っている。

結果、何がよかったか、それは自身で考えてやる力が身についたことと、自分を救うことができるのは、ほかの誰でもなく、自分自身だけだという考えというか、覚悟を身につけることができたことだ。

先ず、最初の自身で考えでやる力とは、調べる力や試行錯誤する力だ。当時は、練習メニューやハードリングの技術向上、トレーニングの方法をインターネットや本、先輩や友達などを使って徹底的に調べた。そして、それをグラウンドで試した。また、ビデオも撮って何度も見て、研究した。ものすごく、面倒見のいい指導者がいて、いつもアドバイスをくれたらきっと、これほど自身で考えてやらなかったと思う。

次に挙げたことは、頼らない姿勢だ。やれ、指導者がとか、環境がとか言いたくなる。けれども、自身の人生を切り開くのは、自分だけだと思えれば、ふーん、それがどうしたと思えるし、周囲に期待しない、頼らない姿勢ができる。そうすれば、どこでも、強くなれる。つまり無頼って感じだ。何が言いたいかというと、指導者や環境の質にあまり文句を言わなくなることだ。また、単独になっても、一人でもやっていこうとする生き方ではないか。

所謂、教える指導者と教えない指導者はどちらがよいかという問題は、一概に言えないし、永遠の問題だと思う。後者の指導者は数としては少ないし、そのよさを実感できる人も多くはないだろう。なぜなら、教えてくれる人の方が、いい人に感じるからだ。

自身はどう考えるか、前に友人に、結局、自分が受けた指導を生徒にもするようになるよと言われた。なるほど、その通りだなと思った。おれがいいと思ったことは、確かに、次の世代の人にも教えるなと思う。だから、自身は、後者指導者がよい指導者だとおもう。

部活動の面白さ

思い返すと、特に高校の部活動はすごく楽しかった。なぜ、楽しかったか、それは主体的で創造的な学びができたからだと思っている。

自身にとって、一番苦手な学びは一般的な講義形式なものだ。先生が前にいて、机があって椅子に座ってそれを聞くかたち。
たとえ、好きな内容でも楽しいとは思わない。

楽しい、学びとは主体的で創造的に動ける要素が多くある必要があると感じる。だからこそ、部活動では、生徒の考えや意見が反映される隙間を適度につくっておいた方がよいと思っている。そこには、それが好きでやっているという前提が必要ではあるが。

ふと、前からこんなことを考えていたので書いておく。

時間の投下

ここに張り付けた動画を職場の人から教えてもらった。
ここに出てくるお医者さんは有名な方で、以前、情熱大陸にも出ていた。
この動画の中で、この世のすべては時間が形を変えたものという話しが出てくる。
時間をかければ、友達もできる、お金も稼げる、建物も建てられる・・・

その物事に、どれだけ時間をかけられるか、かけることができるかが、それを大きくしたり育てられるかなんだと気がついた。
自身が、高校時代に、インターハイで3位になれたこと。確かにそれなりの恵まれた素質はあったと思う。けれど、間違いなく、同世代の人たちよりも陸上競技に時間をかけた。
学校の成績が良い人は、頭がいいからなのか。きっと違うだろう。その人は、勉強に時間をかけている。そのことに気がつかなければ、人生は動かない。
時間をかける。意識してほしい。

陸上競技 練習メニューについて

練習メニュー作り

練習メニューについて、書いてみた。実際には、練習メニューを時期に分けてどのように考えて進めていくかだけを書いた。

練習メニューを組み立てる中で一番重要なことは、足が速くなるためのトレーニングメニューになっているかどうかだと思う。

そのためには、何が大切か。それは、変化が起きる内容になっているかだ。筋量、筋力の変化、持久能力の変化あたりは、その変化が実感しやすい。

メニューを通して、数か月後に何を変化させるかそれを意識してメニューを立てる。

足が速くなるということは、様々な要素が複雑に影響しあう。だから、これがよいなんてものは、提案できない。それでも、筋力を上げることと、持久能力を向上させることは変化として実感しやすいので、メニューを作る際は計画的に行えるはずだ。

次回は、実際に詳しいメニューを作成する。

第一回、ハードル、スプリントの練習会を行いました。8月6日。

初めてのことで、参加してくれたのはこのブログを読んでくれている中学生2名です。
内容は、普段の練習メニューに関すること、ウォームアップのやり方、ハードル走の練習、筋力トレーニングのやり方、走りや身体つくりの重要性の理解、スタートの練習、などです。

継続的に、練習会を開き陸上競技の普及に努めたいと考えています。

練習会を行います!!

8月6日、月曜日の15時00分から60分程度のハードル走とスプリントの練習会を行います。練習会にお金はかかりません。ただし、競技場の使用料金は個々にお支払いください。場所は、葛飾区奥戸総合スポーツセンターです。

指導者は、このブログを書いている私と大学の友達の2名です。

練習会の内容は、個々にハードリングや走り方、スターティングブロックを使用してのスタートの指導などです。

実際に練習に参加しなくても、悩みや聞きたいことなどがある程度でも構いません。少しでも、力になれればと考えています。

練習会に行ってみたいと思われた方は、コメントいただけると幸いです。

左の男がわたしです。友人は、ここには写っておりません。よろしくお願いします。

一つ一つに意味づけを行い理解する

自身は、最近、栄養について意識して行動することが増えた。本当に小さなことだが、例としてあげてみる。
たとえば、豚肉には糖質をエネルギーへと変化する際に必要とするビタミンB1が多く含まれていること。アスリートならば、一日の必要タンパク質量が体重1㎏あたり2gと言われていること。
野菜であれば、できる限り豊富に栄養素を含んでいるものを食べること。もやしや、レタス、きゅうりよりは、ブロッコリー、ホウレンソウ、小松菜など。
それを行うことは、どういう意味があるのか、どういう効果が期待できるのかなどを自身が理解することで、自ら進んで行動することができるようになる。
それは、行動の意味づけを行うことの重要性だ。
そして、それは競技者として非常に大切なことだ。たとえば、なぜウォームアップでジョグをして身体を温める必要があるのか、どうして運動の前にストレッチを行う必要があるのかなどの意味を理解することで、それに向けてより濃厚な時間を過ごすことができる。

栄養について、調べ知識を少しずつ得はじめてから自身の行動が変わった。そのときに、考えたこと。ありきたりだが、
何かを学び、知識を得れば意識が変わる。(野菜とらないといけないなと意識する)
意識が変われば行動が変わる。(もやしより、ブロッコリーの方が栄養素が多くプラスだからブロッコリーにしようと行動する)
行動が変われば結果が変わる。(食事の改善によって、トレーニングがより効果的になった)
結果が変われば人生が変わる。(トレーニング効果が出たので、全国大会に出場、上位入賞を果たした)

それを行うことで、どういう効果が期待できるのかを意味づけたことで、行動し成果を出すことができる。ただ、なんとなく、やれと言われたからやるというのが自分に合わないのならば、それについて自分なりの意味づけを行うことが必要だ。

スポーツの競技能力向上のために必要なこと

陸上競技に限らず、スポーツの競技能力向上に必要な要素を大きく三つあげる。
結構、当たり前のことだが、思った以上にそのことに気がつけていないと思うので、書いておく。

競技能力を向上させるための3要素は
⓵それぞれの競技の練習。
⓶身体を鍛えるトレーニング。(ウエイトトレーニング、バランス、使いたい部位を使うことができる補強運動など)
⓷正しい食事。栄養補給。

この3要素をおさえることができないと、練習やトレーニングの成果は効果的にあらわれない。

この3つの鎖が相互につなぎ合わさると競技能力は高まる。

今、思うと特に高校生までは、陸上競技の練習(走りの練習、ハードル練習など)は一生懸命やっていたが、ウエイトトレーニングによる絶対筋力の向上や使いたい部位が使えるようになるための補強運動、身体を大きくするため、回復させるための栄養摂取については何も考えていなかった。そして、それについて何の知識もなかった。

もし、高校生の時に身体づくりの重要性に気づき、ウエイトトレーニングや補強運動を丁寧にやり、タンパク質など身体づくりに必要な栄養素を正しく摂取していればもっと強いからだを手に入れ、競技能力は高まっていたと思う。

特に、陸上競技はサッカーや野球などの球技系と比べて、勝ち負けに戦術や技術などの要素が入り込む隙間がない。競技の中で競っている部分の要素のほとんどが筋力などのエネルギー要素だ。だから、いかにフィジカルを鍛えるかそこに労力を割かなければ強くはならない。逆をいえば、そこに注力していれば強くなれる。

強くなるためには、なにが必要か冷静に見極めながらトレーニングに励んでいってほしい。

直接指導をさせていただきました

このブログを書き始めて、約7年。東京という大きな街で、本日2回目の直接指導の依頼をいただきそれが実現した。
0.1秒でも、速く走りたい人のために、役に立つことは自身にとって一番のやりがいあることだと改めて感じた。

中学校の部活動環境は、やはり難しい。先ず、学校教育にそれが依存しているので、優秀で専門性の高い指導者に陸上競技を指導してもらえることはほぼ運だ。というか、運しかない。顧問の優秀さやマネジメント能力で大きく左右されてしまう可能性が高い。

そのことを踏まえた上で、しかしだからといってそれを言い訳にいている暇はない。自ら、練習内容を考え、課題を見つけ、インターネットで確かな情報を探り、収集しそれを役立てる。もし、それができたなら、きっとどんな環境に置かれたとしても強く成長していけるはずだ。
今日、中学生を指導させてもらって、このブログが少しでも役に立てているとしたならば、本当にこれまで書いてきたかいがあったと感じた。

これからも、少しでも速く走りたいと思う人のための役にたち、そして現在の若きアスリートたちのスポーツ環境が少しでもいい方向に変わっていける仕組みやサービスなどをつくっていきたいと思った。

短距離走の練習方法

どうすれば速く走ることができるか、その答えは長期間、継続してトレーニングを行い、走れる身体に改造していくしかない。
短距離走の能力を向上させるために大切だと自身が考えていることが大きく3つある。
この3つを三本の柱だと言っている。大学生の時からこの3本の柱は変わらない。
1つ目は、走る練習を行うこと。
2つ目は、ジャンプトレーニングを行うこと。
3つ目は、ウエイトトレーニングを行うこと。

だ。
この1つ目の走る練習に関して最近、感じることだ。
それは、短距離走を速く走るためには短距離走の試合で走るレベルの力感で走る練習を行うことが最も大切だということだ。
つまり、100mを速く走るためには、練習でもそれに近い出力の練習を行うことだ。そうでないと、動きの中で使う筋や筋出力の向上につながらないということだ。例えば、100mのレースに出たとき、競れば足が後方に流れることが多いはずだ。この時、レースではおそらく後方に流れた足をできる限り速く前方に引き戻そうと所謂、ハムストリングスに強い負荷がかかる。この時、身体には筋にはそれに適応しようと何かしらの変化が起きているはずだ。ポジティブな言い方をすれば強化され始めているはずだ。
200mや300mの距離の練習を行っている自身をイメージしてほしい。おそらく、ペース配分をして全力で足を回したりはしないはずだ。それに、300m程度の距離を走る場合、必要な要素は筋持久力や心肺機能など100m走で求められる要素とは違うはずだ。
当然、その時々で何を鍛えるのか、目的によって走る距離は変わる。けれど、それぞれの距離で求められる筋にかかる負荷の強さなどは、それでしか基本的には鍛えられないと考える。短距離走が速く走りたいなら、やるべき練習はやはり100mまでの距離の本気のダッシュであろう。
ついつい、長い距離の練習に逃げることがある。距離は長いが、身体的なダメージは時として長い方が軽かったりもする。自身もそれは反省だ。短い距離でしか鍛えられない要素に目を向けることが短距離走の能力向上には必要であると思う。