おれは出来るという自信。

おれは出来ると、信じることをできることが行動の意欲になる。
しかし、おれは出来ると思えること、それは誰もが簡単に直ぐに抱くことができるわけではない。おそらく、自信とは初めから手にしてる物ではなく、ない状態から手に入れる努力をした者が手に入れることができるものだと思う。

おれは、それに向かって努力を継続できるはずだと思い、行動に移し続けられる行動意欲を効力期待と呼ぶらしい。よーし、頑張るぞ!みたいな感情だと思う。

では、どうすれば効力期待(よーし、頑張るぞ!)を抱くことができるか、そのきっかけ(源泉)を心理学者のバンデューラは4つ提示している。
1つ目は、達成体験、成功体験。例えば、大学受験を成功させていて、自身が一度、勉強を習慣化し努力を継続できたという体験は、その後の仕事で難しいミッションに挑んだ時も、できる!と思えるはずだ。
2つ目は、代理体験。自分以外の人の成功体験を目の前で見ることで、自分もできるはずだと思うこと。例えば、スポーツの強豪校に入り、まわりが努力し結果を出す姿を見ることで、自分も努力すれば成功できると思えることではないか。
3つ目は、言語的説得。コーチやメンターなどの君ならできると言われることだ。自身も、中学時代、陸上部の顧問からお前は絶対に速くなると言われてものすごく自信になったことを覚えている。
4つ目は、生理的喚起。いわゆる気分の高揚。情熱大陸見たりして、やる気になる感じか・・・?

こういうことが、人にやる気を抱かせる。それとは反対に、人のやる気をなくさせる(どうせ、おれには無理だぁ感を抱かせる)方法もある。それを学習性無力感という。

頑張ってもできない、努力してもできないことを何度も繰り返し経験させると、人は自分は努力しても環境を変えることができないと感じとり、その後、別のことに対しても意欲的にならず、頑張れなくなってしまう現象だ。
例えば、まだ筋力が高まっていない状態でハードルジャンプをさせ、ハードルを越えられない経験を繰り返し経験し、さらにコーチから叱責されたりすると、私って本当にダメだぁ、センスないかもと競技へのやる気を失ってしまう。

この場合、コーチや指導者は無力感を抱かせないようハードル間の距離を狭めたり高さを低くしたりする工夫が必要だ。それに加えて筋力強化。指導者として一番やってはいけないこと、それは発達段階に合っていないトレーニングをさせ、できない経験を味合わせ無力感を抱かせることだ。

実力以上に自信を抱かせることがよいかどうかはわからない。けれど、子供がまだ成功体験を多く積む前に学習性無力感を繰り返し抱いてしまうとその後の人生にも悪い影響を与えるかもしれない。

力感のない走り

今日、久々にトラックで走った。ウォームアップして、150m×3、立幅跳。
東洋大の宮本くんの走りを見てると、力感なく回転数が高いいい走りだなと思う。
それを少し、イメージして力感なくいい意味で適当な感じで走ってみた。走ってみると、無駄に力まないので力のオンとオフにキレが出ていい感じだった。
やっぱり、走りに力感はないほうがよい。ただ、力感なく走るには高い筋力が必要になる。だから、ウエイトトレーニングはしっかりやって筋力を上げる必要がある。

あと、短距離的な資質を上げる練習としては、やはり自身の感覚でしかないがしっかりと短距離走としてのスピードに切り替えて、距離だと150m時間にして15秒くらいの全力走が一番ちょうどいいなと感じる。

日産スタジアムに、世界リレーを観に行ったお話し。

大学の後輩と久しぶりに、陸上の国際大会を観に行った。最後に観た国際大会は、2007年の大阪世界陸上。
タイソンゲイが活躍していた大会だった。
日産スタジアムに着いて、競技場に入ると正直、客席はガラガラだった。はぁ、リレーだけど一応、世界大会なのにこんなもんかぁと、改めて陸上競技のマイナー性を痛感した。

着いてすぐ、ハードル走のリレーが始まった。日本人の金井くん、高山くんの足を見て、やっぱりいい脚してるなぁと感心していたら海外選手の脚の太さと大きさ、何より身体の大きさに驚いた。とにかく、男も女もでかかった。ケツと肩回りが半端なくでかかった。どうやったらこんな身体に仕上げられるのか不思議で仕方がなかった。

陸上競技は、やっぱり身体のデカさがものを言う競技だと思う。まぁ、ほとんどの競技で身体の大きさが有利に働くのは間違いないが、陸上競技は絶対にそうだと思う。
顔は小さく、手と足は半端なく長かった。知ってたはずだけど、久しぶりに見たらこんなにもでかいのかと思った。
身体がでかくてもそれほど速くない人はいても、身体が細くて速い人はあの大会には一人もいなかった。
飯を食って、身体を鍛えて走る。これが最強のランナーを生む。

くやしい気持ちありますか?

という、また今までにない切り口のタイトルにしてみた。(〃▽〃)

最近考えるのだが、人はこれでいいと思うことはなく、死ぬまで理想の自分を追い求めて生き続けるのだと思う。だから、生きている時間の大部分は苦しいし、不満だ。
人は、より高い次元の自己実現を追い求め、そこに向かって努力し続けなければ幸せにはなれない気がしている。そして、一つ上の自己実現を叶えたならば、これでいいとは思わず、次のさらに高い自己実現を目指そうとする。
人間ってなんでそうなんだろうって思うが、このめんどうくさい性質があるからこそ、人類は発展し続けてきたのだろうと考えたりする。

で、その自己実現に向かうエネルギーってなんだったっけと自身を振り返ると、それは清々しい綺麗なものではなく、やっぱり悔しいという怒りや、嫉妬心のような感情だったと思う。
あぁ疲れたとか、もう休みたいとか、辞めたいとか思うときにあと一本、30分、1時間だけ頑張ろうと思い、頑張れるエネルギーはそういうものだったと思う。

110mhの難しさ

110mhと400mhのどちらが難しいか、自分は110mhだと思う。どちらが参入障壁が高いかというと110mhだと思う。やったことない人がたくさんいて、競技として成立させるのが難しいのは110mhだと思う。

なぜ、110mhの方が競技として成り立たせるに難しいかと言うと、単純にハードルが高いからだ。

110mhの高さは、身長185くらいないと高さに対する抵抗はなくならないと思っている。
高さへの対応は、距離(400)への対応よりも難しいと思う。
110mhの高さを克服するには、まずは身長だ。そして、爆発的な筋力発揮の向上だ。
身長は変えられないので、できることは爆発的な筋力発揮を高めることになる。

110mhは、難しい種目だと思う。

変わるって大変じゃない?

という、今までにない切り口のタイトルにしてみた。
ほとんどの人間は、現状の自分に満足しておらず、変わりたいと思っているはず。
それが、例えば自己啓発の本を読んだり(めちゃくちゃ読んだ。)英会話スクールに通ったり、海外行ってみたりセミナー行ったりする。
けれど、変わるってそういう大きな一発の出来事の有無ではない。変わるっていうのは、長期的でめちゃ地味な作業の積み重ねの継続の先にあるものだと思った。
だから、変わるって大変。

では、どうやって変わるか、おれの大切だと思うこと。それは、時間のコントロールだと思う。
やる気とか、気持ちとかそういう波のあるものに頼らず、時間で自分をコントロールする。
変わるために勉強をしようとする。朝、6時半に起きて今までよりも1時間早く職場に行って勉強をする。休憩時間の45分のうち30分は机でノートを見返す。終業後に1時間残って勉強をする。
そうやって、それを習慣に変える。
そうやって、地道にコツコツと変わる。
変わるってのは、劇的なものではなく、コツコツとほんのすこしだけの先にあるものであることに今更気づいたのだった。(´-`)

陸上競技 大学進学で上京したとき

自分は、生まれてから高校卒業までずっと九州、福岡で育った。
高校生の時、110mhでインターハイ3位になって順大からお誘いを受けた。期日まで、地元の大学に行くか、順大に行くかで迷ったが、順大を選んだ。
当時は、今よりも少しだけだが、まだまだ東京は遠い印象だった。クラスの中に東京に行ったことがある人の方が少ない感じで、そこそこの進学校であったと思うが、関東の大学を志望する人は、400人いて40人もいなかったと思う。
当時も今も、ばぁちゃんは東京は怖いところやけん、注意しなさいと言う。
当時のおれは、東京に行くことがものすごく怖かった。正確には千葉だが、福岡県民からしたら千葉は東京。ましてや、体育大学に行って陸上競技をやるというのは、それなりの、覚悟が必要で、大学生活にキラキラやワクワクは抱いていなかった。
福岡空港で、家族と別れる時、母親の顔を見た時一瞬泣きそうになった。本当に、さようなら、戦いに行ってきます。という感じだった。
丁度、発ったのがこの時期だったのでそんなことを思い出した。
今でも、九州の人間が関東に行くのはそれなりの覚悟が必要だと思う。地図で見るとやっぱり、遠いなと思うし、まず九州は本州とつながっていない!遠いなぁと思う。
それでも、3ヶ月もすればいつもの日常になると思う。この時期、中学から高校へ高校からそれぞれの進路へ進む人たちは皆、不安だと思う。何かから離れることは、1人の人として自立する瞬間だと思う。自分の力でやっていけるか挑戦する瞬間だと思う。孤独と戦いながら、自分と向き合いながら、新しいステージで戦って自分に自信をつけて、帰って来られたらいいなと思う。

2019.3.9.sat トレーニング

メニューは60msd、5本。
120m.x3。
必要最低限の力感で、回転数を意識して走る。これを意識し続けることで、少しずつその動きが定着しつつあると感じる。
力感を出さずに、回転数を意識すると足の後方への流れが必要程度に抑えられること。また、後方から前へ足をもってくる軌跡が直線的になった気がする。

最近、当たり前のことではあるが、努力は習慣であると気がついた。努力は、一日大変な思いをして頑張るのではなく、毎日少しずつコツコツと積み上げること。そして、とにかくそれを習慣化する努力をすること。一日の時間スケジュールを上手に調整する。そして、自分に合った時間配分を見つけていくことだと考える。

2019.2.23sat.3.1satのトレーニング内容

2月23日は、150mx2本。x3セット。
2本ずつの間は、歩きでゆっくりもどって、おおよそ8分。セット間のレストは完全休息で15分。
とにかく、速筋線維を優位に動員する程の負荷を意識し、8〜9割くらいで走る。2本目の間が、8分程度なので、エネルギーの完全回復には至らない感覚がある。よって、1本目よりはタイムがやや落ちるが、イメージとしては、エネルギー完全枯渇という感じだ。とにかく、出し切る。
走りのメニューでは、とにかく速筋線維を優位に動員する程の負荷、スピードで走ることが必要だ。だから、ゆっくりのペースで何本もたくさん走る内容は、いわゆる速く走るための直接的な練習内容ではないと考えられる。
J-Shiraさんのセミナーで聞くには、自分なりに解釈して150mの全力ダッシュが最も、短距離走を速く走るためのトレーニング内容としては最適であるみたいだ。
150mという距離の全力走はきつい。

3月1日は、60m×4×3セット。4本の1本の間は5分程度の休息で呼吸の乱れがほぼ収まる程度まで回復させる。セット間のレストは10分。
スタート局面の60mでは力感を意識しやすいが、できるだけ力を入れずに、最低限の力感で走りきる。また、回転数を意識する。これまで、回転数を意識して走ることはなく、ある意味のびのびと走っていたが回転数を意識して細かく走るのは思った以上にきつい。腕や足にも終わった後は身体がいたい。
力感なく、上げた足はすぐ下して、回転数。これが、最近のテーマだ。

2019.2.17トレーニング

今日は、120m×5。レスト10分。8割程度で走り切る。
今日の走りも、できる限り上げた足は真下に降ろし、地面に力を与えるような動きは一切行わないことを意識した。
最近思うのだが、30手前になると練習の前の日の過ごし方がかなり重要になる。前の日は、しっかりとバランスのとれた食事をとり、睡眠をとりという風にコンディションを作っていかないと身体が重いし、調子が上がらない感じがする。

あと、ウォームアップはやっぱりある程度ゼェハァ、ゼェハァするくらいの運動量を確保する方がいいと今更ながら思う。
じゃぁ、それを何で作り出すかが少し悩ましい。
なぜなら、ウォームアップが一番しんどいからだ。息が上がる程度まで負荷をかけるには時間もかかるし、精神的にもきつい。
と言ってもそういうものがウォームアップなのだろうが。