走るための筋力

高校、大学の時とプロではない社会人アスリートの練習スタイルは全く違うことに気がつく。
ここまで、言うと大袈裟かもしれないが、高校、大学の時に培った練習スタイルはもはや社会人アスリートには何の役にも立たない。学生時代が終われば、別の世界があると言えるだろう。

そんなこんなで、自身も相当苦労し、挫折し、失敗した。今も未だ、適応できていない。社会人として、競技に取り組むにあたって最も苦労するのは、走る時間と場所を確保することだろう。ゆえに、週に1度か2度しか走らなった自身は、全く走れなくなった。
その代わり、ウエイトトレーニングに費やす時間が増えた。それは、技能も向上したし、扱える重量も上がった。
が、しかしウエイトトレーニングはあくまでも補助的な要素に過ぎないことを、当時のおれは知る由もなかった。
ウエイトトレーニングで鍛えられるのは、おそらく目に見える大きな筋肉だ。しかし、走るために必要な小さな、メインではない筋は走りでしか鍛えられない。十分な走り込みを怠ると、いくらウエイトトレーニングで大きな筋肉を鍛えても足は遅くなると思う。

走りに勝る練習なし。また、そこには特異性の原理がある。走るための筋力は、つまるところ走ることでしか鍛えられない部位があるということだ。ウエイトトレーニングは当然重要だ。だが、一番大切な練習は、走ることだ。最低でも、週に2度は十分な短距離走の走り込みをやろう。

陸上競技 ウエイトトレーニング

先ず、初めに陸上競技の競技力を向上させるためには筋量を増やすためのウエイトトレーニングは必要だと考えている。
一口にウエイトトレーニングと言っても、そのやり方は様々でねらいや目的によっても変わってくると思う。
今、自身はこう考えている。挙上できる重さを高めるよりも、コントロールできる重さを高めていくことが大切であると。

競技力向上のためのウエイトトレーニングは重ければ重いほどいいとは限らない。と考えられるからだ。
なぜなら、ただ、挙上させるだけなら効かせるべき部位を無視し、別の筋群を優位に使うことで挙げられてしまうからだ。また、そうやって、効かせるべき部位に効かせられないまま重量を上げていけば、別の場所に過度な負担がかかり痛めてしまうだろう。

例えば、スクワットで臀部を効かせて挙げたいのに、大腿四頭筋をメインに使って挙げてしまうなどだ。

競技力向上のために行うウエイトトレーニングは、挙上重量にこだわることよりも、正しく効かせられるフォームを維持できることを大切にして行うことが重要だと考える。

陸上競技 短距離走の練習 意識

改めて陸上競技の練習を行ってるが、やっぱり全力のダッシュ練習はきついし、つらいし、しんどい。

走る練習を例えば、120m×3やろうと思う。
本数を重ねるにつれて、疲労がたまって、最後の1本は必ず妥協したいという想いに駆られる。
だが、できることなら出し切りたい。弱い自分の心とどう戦うか。
最近のおれの作戦。
よし、120mのうち、とりあえず30mまでは全力で行こう作戦。あとは、知らん。
そういう感じで、30mまでは妥協せず走ったら、ほとんど120m全力で行けちゃう。
重要なのは、妥協したい時に、ここまでは頑張れる距離までは全力で行こうと決めることだ。
この30mという距離はまさに絶妙。乳酸も出ないし、一瞬なので頑張れる。
出だしで力抜くと、途中で切り替えることはまず不可能なのでこの作戦は頑張るにはおすすめだ。
今更で恥ずかしいが、最近はこんな感じで走ってます。

スクワットを習得する

最近、速く走るためのトレーニングには様々なものがあって何ができるから、速いではないと話した。どれも数ある練習の1つに過ぎない。がしかし、スクワットを習得する、習得しようとすることは走りの本質を突いた練習の一つではないかと考えている。
真剣にスクワットを習得しようと、頑張っていたら走りに変化が現れた。ある日、走りってスクワットの力発揮と似ているなと思った。一回、一回の走りがスクワットを行っているような感覚を得られた。
おそらく、スクワットを習得しようと腰の位置、骨盤の向き、肩甲骨の位置などを細かく調整する習慣が走りの時にも有効に全身の筋の力発揮を行いやすいポジション作りへとつながったのだろう。あと、単純にお尻の筋に力が入りやすくなって、お尻の使い方が上手になった。

おれはこう思う。細かいドリル練習をやるなら真剣にスクワットを習得してみないかと。

短距離選手が長距離走を行うことはあまり意味がない

結論から言うと、長距離選手以外が長い距離を走る練習はあまり意味がないと考えている。
これまで競技をやってきて、そう考えている。
ここで、意味がないと言っているのは一度に30分も走るような長距離走練習を週に3回とか4回やる必要がないという意味だ。
短距離選手でも、ある程度の高い有酸素能力は必要だ。なぜなら、心肺機能が弱いと短い距離のダッシュ練習を何本もこなすことができないからだ。だから、ある程度の有酸素運動はやったほうがいい。

自身は、一回の長距離走は10分程度で十分だと思う。それを週に2回もやれば十分だ。あとは、短距離走の練習をやる。
長距離走が速いことと短距離走が速いことは全く別ではないが、それほど関係がない。ただ、中学生のような専門性が低い段階だと短距離が速い人は長距離も速かったりする。長距離走は短距離選手にとってそれほど必要ないと言っているが、中学生まではしっかりやっておいて損はない。なぜなら、一般的に呼吸循環器系が著しく発達するのがだいたい中学生くらいの年齢だからだ。

結局どっちやねんっていう話しになるが、長い距離は長い距離を走るためのトレーニングで短い距離のダッシュは短い距離のダッシュ力を鍛える練習だということを分けて考えておく必要があるということだ。

陸上競技 トレーニング内容

速く走るためのトレーニングとして、様々なものがある。
例えば、ミニハードル走、いわゆる動きつくりと言われるスプリントドリル、バウンディング、ホッピング、ラダーなど。
最近、思うことはこれらはいくつもあるトレーニングのほんの一つであるに過ぎないということだ。
順天堂大学という様々な種目においてのトップ選手が集まる環境で、多くの選手を見てきたがバンディングが下手でも走ったら速い人もいたし、ドリルができなくてもハードル走の速い人もいたし、腕立て伏せができなくても走ったら速い人はいた。
だから、これができないからよくないとか、直ぐにこれが課題だと思い込まない方がいいと考えている。
できない練習は、数ある練習の一つに過ぎなくて、絶対にできないとよくないなんてことはない。
特に、細かく身体を動かすようなドリル練習はできなくても気にしなくていいと思う。そもそも、自分はドリルが嫌いで苦手だ。それにドリルをやって速くなったという実感がない。だから、自身はドリルを勧めない。
ただ、一度やってみて自身にとってどうなのかということを判断してやるやらないは決めた方がよいだろう。
ようするに、自身にとって良いと思う練習を行うことが重要なのだと思う。

陸上競技(ランニング)の技能

ランニングの技能、または技術はあるだろうか。
最近、野球にはまっていて今日、少し専門的な指導を受けた。投球動作の中で肘の位置を高くであったり、踏み出す足先の向きであったり、ボールの握り方であったり、いわゆる技能に関するアドバイスを受けただけでコントロールが安定した。これは、間違いなく技能や技術だなと思った。
そのあと、じゃあ陸上競技の走りに関して、少し教えただけで変わったと思ってもらえるほどの技能や技術はあるだろうかと考えたが、特に思いつかなかった。
すごく、前にも書いたが走りは技能や技術ではなくフィジカルが重要だと思う。
走りを改善するときに、用いる手段としては自身は、動きを細分化したドリルなどではなくタイヤ引きや坂ダッシュ、バウンディングなど実際の動きの中でトレーニングによって結果、改善されるといった方法の方が有効だと考えている。
速く走るためには、走ることが一番の練習だと思う。特に、素人の走りを改善するにはこれが一番だと思う。
どうすれば速く走れますかと聞かれるが、相手が望むような答えは、走るという世界には存在しない。申し訳ないが、地味に時間をかけて先ずは走るしかないと思う。繰り返し走ることで、走れる身体に変えていく。それが答えだと思う。

筋トレの補助について

筋力トレーニングにも、その目的やねらいによって頻度、回数、重量など注意するポイントはたくさんあるはず。
だが、どんな筋トレでも得てして言えることは、「追い込んだほうがよい」ということだ。簡単に言えば、自身の限界まで、力を出し切れるまで頑張る、余力を残さないということだ。これまで、長らくトレーニングをやってきたが、一人で追い込むのは至難の業だ。というか、ほぼ無理に近い。走りも、筋トレも一人でやり始めて追い込めたことは、恥ずかしながら一度もない。これは、筋トレで補助ありで追い込んだ場合と比較してだ。
だから、大学を卒業してから競技を続けて、これまでよりも上を目指そうとするならば、先ずは一緒にトレーニングをしてくれる仲間を探すことだ。もう、絶対にこれだけは必要だと思う。一人で頑張る努力や工夫をするならば、仲間を探す努力をした方が絶対にいい。
これは、一人でトレーニングをしてみての結論だ。仲間の重要さを思い知った。時々、トップアスリートが一人でやっているが、おれはすすめない。
働き始めれば、一人でやるしかない時もたくさんあると思う。けれど、走る日やポイントの日だけは仲間と、一緒に追い込んでくれる人とやってほしい。

前に跳ぶことと、真上に跳ぶこと

最近、やっぱり競技もう一度やってみようと思い、練習を再開しつつある。
今日も、走っていたのだが、最近のテーマとしていかにお尻の筋肉を使って股関節を後方に進展させて、走れるか、前に進めるかに取り組んでいる。ハードリングも、上に跳ぶ踏切と前に跳ぶ踏切では、ロスが大きく変わる。前に跳んだ方がよい。前に踏み切るということは、お尻の筋肉を使い、後方にスイングして進むことだ。が、しかしこれが難しい。

それで、ジャンプトレーニングでも真上に跳ぶ内容と前に跳ぶ内容のものでは、狙いとするものが変わるということに。今更感はあるが、そのように考えた。

だから、ハードルジャンプもいいが、どちらかというとバウンディングや立幅跳のような前方に跳ぶ練習はそれを意識するうえではより効果的なのではと考えた。
ちょっとまとまりがないが、前に跳ぶ練習が大切な気がした。