練習とレース

この前のGet Sportsで掛布雅之が野球の素振りについて熱弁していたのを見た。

内容は、理想の素振りを繰り返し行うことは当たり前。しかしゲームでは、投手はバッターを崩しにくる。だから理想のスイングは出来ない。ゲームの中で崩されるか、自ら崩しながら打つのかの違いは大きい。普段の素振りでは、そこまで考えながら行わせるという感じだった。

これを見ながら、気がついた。理想の動きを崩されるってのは走りもハードル走も同じではないかと。陸上競技のレースは一人で走るわけではないから、横の人のパフォーマンスに動揺したりして、崩されることが多い。考えてみれば自分が理想としている動きはほぼ出来ない。

自身の経験からだと、110mhのアプローチでは90%近く理想の動きを崩されている気がする。加えて、中間の走りハードリングも理想の動きは出来ない。出来ないしさせてもらえない。

今までずっと、あぁ失敗したと思っていたがこれは失敗ではないのかもしれない。崩されることが普通なのではないかと。崩されてからがスタートというかそこからが勝負なのでは。そういう風に考えると、普段の練習の取り組み方を変えなければいけない。そして、実際のレースに挑む時の気持ちの持ちようも変えなければいけない。

今考えることは、敢えて崩した状況を作り出し、そこからレースを作る練習が必要だということ。そしてレース前の気持ちは、崩されることを受け入れる冷静さを持つことだ。

レースでは理想の動きは崩される。そのことを頭に入れて走るのと、そうでないのとの違いは大きいと思う。

今シーズンは、このことを頭に入れて練習し、レースに挑もうと思う。

練習とレース」への1件のフィードバック

  1. なるほど。
    たしかに、普段の練習でコンディションの悪い状態や、良くない練習環境の中でも
    走り慣れていれば本番のレースで自分の走りを崩せることはできても、崩されることは少ないかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA