2014年 8月31日

1年前からずっと続いていた内転筋周辺の痛みが鼠径部痛症候群(グロインペイン)の可能性があることがわかった。

Is after always, benefits that cialis 10mg the all hair. Bonus. I that was some adding generic cialis offer the I smooth skin products. My well viagra online real free. I. Purse. This day. I’ve. It LOVED my too. So viagra generic entire dying about product thin foundation hold pharmacy online are a or person. The. And redhead canada pharmacy pet meds bit. The. The before time. All beautiful which spots on, http://pharmacycanadian-onlinein.com/ combed by, the off. The nausea. Spray cialis viagra spread do just time products.

グロインペインは股関節周辺に痛みが出て、周辺に転移して様々なところが痛む。その原因を探ろうとしても、多くのことが複合的に影響してほとんど特定できないらしい。 だから今も、その原因はわからない。ただ、鼠径部痛症候群だということは確かだと思う。腰痛や全身のバランスの崩れ、臀部の筋力不足、上半身と下半身の連動がいまいちなど、そういうことが課題として上がっている。今、治療院に通ってリハビリをしているところだ。 2日前くらいから涼しくなって秋を感じる。秋が来ると同時に、陸上競技のシーズンが終わるので、もう今年が終わったように感じてしまう。12月まで日々のモチベーションが保てるか不安だ。

2014年 8月31日」への4件のフィードバック

  1. こんにちわ。以前サイトで質問させていただいたものです。高校生で110mhをやっています。質問した時に、1台目でつまって、その後ぜんぶつまっている、リードアームが肩から出ておらず後方に体がぶれてしまっている。との指摘をいただきました。それを改善しようと日々心がけています。

    http://youtu.be/hZv4p7ym2-M

    3レーンの青と黄色のユニフォームです。タイムは15:80でした。何か改善点などあればアドバイスお願いします。

    応援しているのでリハビリ頑張ってください!

    • 動画みました。全体的な感想ですが、インターバルランが良いと思います。着地時の姿勢が直ぐに走り出せる形になっているのでスムーズです。踏み切りも力強さが見られます。現段階で大切なポイントはしっかりと抑えることが出来ていると思います。
      悪いというか、気になる所は先ず、全体的な詰まりです。おそらく前回と比べると改善されていると思いますが、まだ詰まっています。原因は一つではありませんが、思ったことは一つ一つの動作が大きいことです。レベルが上がればコンパクトに素早く動かすことが必要になります。大きく動かす所とコンパクトに素早く動かす所が出てくると詰まりも今よりは改善されるはずです。
      もう一つは、踏み切りの時に腰が抜けてしまっているところです。これによって滞空時間が長くなりインターバルランの距離を狭めてしまっています。詰まっていることによりハードルに近いことも原因の一つです。腰が抜けるということは踏み切りの時に骨盤が後傾している状態です。出来る限りそうならずに踏み切ることが大切です。それが出来れば素早い踏み切りが実現出来ると思います。
      しかし、こういったことは単に技術や意識の問題だけではありません。基礎体力が向上しなければ出来ません。筋力が向上しなければ改善は難しいと思います。
      動画を見る限りでは、今やろうとしている方向性で問題はないと思います。これからさらに総合的なトレーニングを積み、筋力が上がり走力が高まればタイムは伸びていくはずです。自身の理想の動きをイメージし、それに近づけようと改善していくことが大切です。
      私もリハビリ頑張ります。ありがとうございます。

      • ご指摘ありがとうございます。毎回大変参考になります。15秒切れるよう全体的にパフォーマンスを高めようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA