段階に応じた技術習得

この前、家の近くの大きな公園でハードル練習をしている中学生を見かけた。
パッと見た感じでは、出て15秒半ばかなとういうレベルだった。 cialis coupons 2015
側にいたコーチも、たぶんまぁまぁハードルを知っている人に見えた。
その練習が何を意図しているのか、ハッキリとはわからないがたぶん上げたリード足の頂点をハードルのバーの真上に持ってくることをイメージする練習だと予測した。 viagra cialis online
canadian pharmacy auckland new zealand
なかなかレベルの高い練習をしているなと思った。が、自分はその前に改善することがあるよなぁって外から見ていて思った。
自分的には、その段階でやることじゃないと思った。 canadian pharmacy spam filter

その人のレベル、段階に応じた技術習得を考えなければいけないと思う。 canadian council on continuing education in pharmacy

中学生や高校生で意識することは何だろうか?考えてみる。
・アプローチの精度を上げること
・ハードルを越えた後の着地で、上体が後傾せず腰が着地足に乗り直ぐに走り出せる形が作ること
・ハードリングからインターバルの切り替え、ONとOFFを身につけること online canadian pharmacy scams
・スピードを向上させること
だろうか。 what is best canadian pharmacy

あまり細かい意識よりも、もっと大きく全体的な見方が大事だと思う。例えば、リード足を速く下ろすとか抜き足をコンパクトにとかは後の方でいい。

指導者は、ついつい細かいちょっとレベルの高い技術練習をやらせたがるが、エゴにならないように気をつけたい。

段階に応じた技術習得」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    最近ハードルにお尻で乗ってしまうことがよくあり、こないだの関東選手権では初めて失格してしまいました。正直原因と改善策がわからなくて困っています。アドバイスお願いします。

    • はじめまして、コメントが遅れて申し訳ありません。
      お尻が乗るということですが、もし単純に今より高く跳んだとしたらどうでしょうか?
      低く越えようとし過ぎているのなら、お尻に乗りやすくはなると思います。
      また、ハードリングの勢いが足りないことも原因かもしれません。しっかりと踏み切れていなければ勢いが足らずに乗るかもしれません。
      今、どういった対策をしていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA