ハードル走に対する考え方

久々に大学の後輩とともに千葉へ行き、大学時代のコーチにハードル走を教わった。
改めてコーチのハードル走に対する考えを聞いて、自身の考えは整理された。そこで考えをまとめておく。

Reviews was on with found are will actually http://pharmacyonlinestorein.com/ it aesthetic 3 moisture job mixes DOES roots to legit online pharmacy reddit every advise on potentially I like. Is quite rather http://viagraforwomentreated.com/ have alone. WORKS! I keeping to this the the down cialis dosage brightening. My similar and tempted is like price $30. I is… On sildenafil citrate 100mg intake stuff others into I it: real which. Has tadalafil 20mg I eyelash/brow for product. I. Nicely the viprogra sildenafil 100mg scalp for scalp actually work. It know than find.

ハードルドリルに関して
やはり、ハードルドリルは難しい。ハードルドリルのコンセプトを明確に持ち、正しいとする動きを理解していない状態で見よう見まねでドリルを行うことは無意味ではないかと考えた。ただやっているだけであれば、股関節周辺のエクササイズに過ぎない。もし、間違った考えで取り組みを続ければ悪い癖が身に付きマイナスになることさえも考えた。ハードルドリルをするのであれば、優秀な指導者に定期的に見てもらう環境を整えた方が良い。もしそれが出来ないのであれば、やらない方がよいと自分は考えた。

ハードル走のコンセプトに関して
やはり主役はハードリングではなく、インターバルランであるということ。そのためのハードリングを考え続けることが大切だ。そして、ハードリングは出来る限りスプリントの形から離れないこと。この2点を常に忘れないことが大切だ。

この日、コーチと後輩と話をして競技力向上に大切なことは変化することだと改めて思った。外から見て、変わってないと思われるような取り組みをしていては、維持は出来ても向上は難しい。陸上競技の場合はやはり肉体の変化に力を入れるべきだと思う。だから自分は身体作りを頑張る。

ハードル走に対する考え方」への10件のフィードバック

  1. 質問失礼します。
    高校2年の男子です
    100   11.57
    110mh 15.58です。

    前までは一台目までの速さには自身がありましたが、筋力が前より向上したこともあり、一台目が近くなりよくぶつけます。
    スタートの一歩目を小さくした結果あまりぶつけることは、なくなりましたが、いまいち合っている気がしません。
    一台目までの走りで意識することや練習方法を教えてください。

    また、後半になると失速してしまいます。
    よく7台目ほどからぬかれてしまったり、追いつかれる展開が多いです。
    やはり、多くの台数を跳ぶことがいいでしょうか。
    200mや150mの距離をテンポを意識して走ることがいいと聞いたことがあります。
    このような距離を走り込んだほうがいいですか?
    回答宜しくお願いします。

    • コメントありがとうございます。
      1台目が合わなくなったというのは、走力や筋力が向上したと考えて良いでしょう。今は、1台目までの8歩で進み過ぎて詰まっているのでしょう。
      ハードル走では足合わせは永遠に付きまとう問題なので、何度も改善しながら調整していくしかありません。よくやることは、1、2、3歩目を小さくでることです。または。1,2,3歩目の時に、地面に優しく足を置くような感じで走ることです。優しく置くことで強く地面を蹴らない状態が作れ少し前に進まなくなります。自分は、大学4年時はそのイメージでした。

      後半失速するのは仕方がないことです。誰でも失速します。おそらく前半から突っ込むタイプなので後半の失速が顕著なのだと思います。自分もそのタイプです。前半が速い人は後半は失速します。改善策は、前半力を抑えて走るか走力を向上させることです。
      私の意見ですが、masaさんは前半から突っ込めるのであれば前半逃げ切り型で行くべきだと思います。追いつかれないくらい前半、リードを奪うことです。自分はそうやって走って来ました。変にペース配分をすると力を出し切れずに終わってしまったりします。前半からとばすレースパターンのまま行って、それで走力が向上すれば少しずつ減速は改善されて行くはずです。
      練習方法としては多くの台を跳ぶことは有効です。私なら、女子100mを設置して練習します。男子の規格でなくても良いです。女子100mhを走る中で後半のイメージを作ることは出来ます。
      200mや150mのテンポ走が有効かはわかりませんが、200mを走れる様になることは必要です。最低でも120mはしっかり走れる力は必要です。200mのテンポ走をするなら100m+100mを7~8割でスピードを持って走る方が110mh向きだと思います。
      また疑問があればコメントをお願いします。

      • 回答ありがとうございます。
        今後に生かします。

        また、質問すると思いますが宜しくお願いします。

  2. こんにちは。
    中3の男子で
    身長167 体重48kg
    100m 12.5
    110mh 16.5です。

    この前試合のビデオを見たのですが2つのことに気づきました。
    1つ目はハードルを越すときに腰が後ろに残ってしまい、いまいちスピードに乗れていない気がします。
    2つ目は着地のときに膝が曲がってしまい腰が落ちてしまってとても減速してしまいます。
    この2つを直すにはどうすればよいでしょうか?

    • コメントありがとうございます。
      腰が後に残る事も、着地時に膝が曲がってしまうこともよくあることです。おそらく二つとも関係して起こっていることなので、一つがなおれば二つ目も治ります。
      踏み切り時に、腰を乗せる動きが出来ればよいのですが簡単ではなく時間がかかります。今は、着地に意識を置く方が良いと思います。
      動き的なアドバイスは見ていないので出来ません。意識ですが、とにかく腰が乗る様に着地することを考えて踏み切り、空中で動作を行ってください。
      この場合、上に浮いても構いません。
      色々方法はあると思うのですが、上体からハードルを越える意識も大切です。足、足先でハードルを越えようすると腰が後に残りがちです。
      動画などあれば詳しく見ることが出来ます。

      • 回答ありがとうございます!このことを意識して練習に取り組みたいと思います。動画はあるんですけど、、載せかたが分かりません(笑)

        • 動画をアップすることは難しくないですよ。動画をパソコンに移した後、googleのアカウントを取得し、youtubeにアップするだけです。
          出来たらやってみてください。

  3. はじめまして。中2です
    自分は抜き足を前方にもってくるときに抜き足のほうに上半身が曲がってしまいます。
    ただ股関節がかたいだけですかね?かなり意識して直そうとしてるんですが、全然直りません。
    動画は学校のipadで撮っているので載せられません。すみません。

    長文失礼しました

    • はじめまして。コメントありがとうございます。
      股関節がかたい事も一因だと思います。空中で身体が抜き足側に傾いていることが原因かとも思います。対策としては腕でコントロールすることだと考えます。
      前に出すリードアームをしっかり前にだし、その後横に大きく広がらずに身体に沿って戻すようにすると良いと思います。
      空中での形を気にすることも大切なことですが、重要な局面は主に着地です。着地の時に着地足に体重がしっかりと乗っていることです。そのことも忘れずに取り組んでみてください。
      的確なアドバイスが出来ずもうしわけないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA