部活動の面白さ

思い返すと、特に高校の部活動はすごく楽しかった。なぜ、楽しかったか、それは主体的で創造的な学びができたからだと思っている。

自身にとって、一番苦手な学びは一般的な講義形式なものだ。先生が前にいて、机があって椅子に座ってそれを聞くかたち。
たとえ、好きな内容でも楽しいとは思わない。

楽しい、学びとは主体的で創造的に動ける要素が多くある必要があると感じる。だからこそ、部活動では、生徒の考えや意見が反映される隙間を適度につくっておいた方がよいと思っている。そこには、それが好きでやっているという前提が必要ではあるが。

ふと、前からこんなことを考えていたので書いておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA