足が速くなる方法

足が速くなる方法を考える。
短距離走が速くなる方法を考える。10何年、走り続け、多くの人の話を聞いて短距離走が速くなるための練習として、抑えとかなければならない要素がいくつかある。それを、今回は書いていこうと思う。

その1、
短距離走が速く走れる身体になること。(見た目から近づける)
どうすれば速く走れますか?足が速くなりますか?と聞かれるが、まずは、走れる身体になってくださいとしか言うしかない。太っていればやせる、痩せすぎなら太って力をつける。日本、世界のトップランナーの身体の形態に近づくよう肉体の改造が必要だ。あくまでも、短距離走者に近づけなければ意味はない。砲丸投選手の形態ではなく、長距離選手の形態でもなく、短距離選手の形態に近づく努力をすることだ。

その2、
ダッシュ練習をすること。(短い距離を本気で走る)
トレーニングの原理・原則には特異性の原理がある。それを鍛えるには、それを鍛えるためのトレーニングが必要という理屈だ。
例えば、長い距離を走る練習をたくさんやれば長い距離を走る力が向上する。この場合、少しは短距離走も速くなるが・・・
また、いわゆる流しのスピードで200mや300mを10本走る練習をやればそれをできる力が身につく。真に短距離走の向上をねらうならば、例えば30m、50m、80m、100m、120mのような短い距離のダッシュ練習を本気で走り込む練習をしなければその力は向上しない。

その3、
肉体のスペックを上げること。(スペックという言葉の表現が正しいかはわからないが、身体の規模を大きくすること)
ある程度、速く走れるようになってきたら、筋力を上げて身体を大きくしなければならいないと考えている。この場合、その1に書いたように、短距離選手としての身体に沿うことが必要だ。陸上競技、短距離走にはこれといった技術や技能、戦術はない。階級制でもない。自身は、速くなるには筋力を強くして肉体のスペックを上げる以外ないと考えている。速くなるということは、変化するということ。何が変化したか、それは肉体であることが多いし、自身もそれを実感している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA