筋トレの補助について

筋力トレーニングにも、その目的やねらいによって頻度、回数、重量など注意するポイントはたくさんあるはず。
だが、どんな筋トレでも得てして言えることは、「追い込んだほうがよい」ということだ。簡単に言えば、自身の限界まで、力を出し切れるまで頑張る、余力を残さないということだ。これまで、長らくトレーニングをやってきたが、一人で追い込むのは至難の業だ。というか、ほぼ無理に近い。走りも、筋トレも一人でやり始めて追い込めたことは、恥ずかしながら一度もない。これは、筋トレで補助ありで追い込んだ場合と比較してだ。
だから、大学を卒業してから競技を続けて、これまでよりも上を目指そうとするならば、先ずは一緒にトレーニングをしてくれる仲間を探すことだ。もう、絶対にこれだけは必要だと思う。一人で頑張る努力や工夫をするならば、仲間を探す努力をした方が絶対にいい。
これは、一人でトレーニングをしてみての結論だ。仲間の重要さを思い知った。時々、トップアスリートが一人でやっているが、おれはすすめない。
働き始めれば、一人でやるしかない時もたくさんあると思う。けれど、走る日やポイントの日だけは仲間と、一緒に追い込んでくれる人とやってほしい。

筋トレの補助について」への2件のフィードバック

  1. 確かに、トレーニングパートナーっていたら良いんだろうけど実際部活とかじゃなければ探すの難しいんだろうね。スポーツマッチングサイトで、指導者のマッチング以外にも、トレーニングパートナーのマッチングもできれば需要ありそう。違う競技の人とでも一緒にできるし、トレーニング方法の共有もできそう。とか思ったり。。

    • コメントありがとうございます。なるほどですね!
      トレーニングパートナーのマッチングもアイディアとして新しいですね!
      少し、考えてみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA