熱中すること、熱中できること

2年前、東京へ行ってもう一度、陸上競技に挑戦することを決めた。
思い立ったのが3月末で、仕事も何もなくてどうしたらよいかと関東にいる友達や先輩に相談した結果、東京都の特別支援学校の講師を紹介してくれる友達がいて、そこで働きながら競技に取り組むことになった。だから去年1年間は特別支援学校の仕事だけで生活していた。しかし今年、その講師の時間が激減して、アルバイトをしなくてはならなくなった。こうなることは、ある程度覚悟していたので仕方なかったが、相当にへこんだ。

当初は普通校の教員を考えていたが、働く中で考えが変わり受験を特別支援学校に変更した。だから今年は特別支援を受ける。なので去年から普通校の講師は全く考えていなかったが、アルバイトよりは当然指導のスキルが上がると考えて、今年は普通校の講師も週に2度ほどやるようになった。

今日も新宿にある高校へ行ったのだが、高校生を見ていて当時陸上競技に熱中していた自分を少し思い出した。やっぱりあの時の時間は楽しかったなって思った。何かに熱中する楽しさは、お金を持っていても体験することは出来ない。お金を持っていて出来ることと言えば、酒を飲むか、旅行に行くか、買い物するくらいだから。それでも、ないよりはある方が良いに決まってる。

3月に怪我して、また競技が上手く行かなくなって、どうしようかと悩んでいる中で高校生を見ていると少し悔しい気持ちも抱く。今日もう一度、熱中して競技に取り組もうという気持ちを持てた。指導もいいけど、まだ自分が活躍したいと思う。

それにしても東京の高校は新宿にあったりと、福岡では考えられないことばかりで驚く。いつも福岡の高校生と東京の高校生の価値観は違うよなって思う。終わったあとに新宿を歩く度に、やっぱり自分は田舎者だと感じる。

熱中すること、熱中できること」への6件のフィードバック

  1. こんにちは。お久しぶりです。

    以前、110mHに挑戦しようとしていましたが、元々の専門だった400mHを再挑戦しようと練習をしています。それは400mHを教えていた後輩が成長したことと、私自身高校最後の大会で大失敗したことがずっと心残りだったからです。しかし400mH走るにあたって必要なスピード、体力が落ち、感覚も鈍くなり腰痛で練習が出来ない状況です。それに加えて競技場での練習が時間の関係上難しい、と不安要素しかありません。まだ具体的な競技場外での練習は閃かず、折れそうになる時が多々あります。

    400mHを諦めて他の種目をやろうとすると、ハードルが恋しくなるのです。また、後輩のレースや試合動画を見てても走りたくなるのです。そう思える間は多分その種目に対する熱は尽きないと思います。すごく共感したので思わずコメントしてしまいました。

    長文失礼します。

    • コメントありがとうございます。自分も、足の痛みが治らず苦戦しています。学生の年齢ではなくなると、練習時間や環境が安定しないこと思わぬ痛みを引きずって順調には行きませんよね。
      辞めようかなとか限界なかと思っても、結局諦めきれないんですよね。自分も、13秒台を出すために頑張ります。keagleさんも、結果が出る様に頑張ってください!

  2. お久しぶり。福岡の更に田舎、久留米からです。
    7月から大きな人事異動が出て、江田支店長になったよ。笑
    やっぱりこの1年が一つの分かれ道になりそう。

    P.S. そろそろ結婚相手を見つけたい。

    • 久しぶり!再び江田支店長なんだ。成長したから大丈夫だよ!
      結婚相手かぁ。会社にいないの?福岡は街コンあるよね!?

      • W杯見たら最近寝るの、この時間…(*_*)

        街コン一回行ったよ!
        ある意味凄かった!笑
        久留米の街コンにも先月申込んだけど、参加者がおらん過ぎて中止になった。笑

        • わかるww
          久留米の街コンはやばそう。福岡市行かなきゃね。
          そろそろ東京、神奈川あたりに転勤希望を出してこっちに来て!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA