前に跳ぶことと、真上に跳ぶこと

最近、やっぱり競技もう一度やってみようと思い、練習を再開しつつある。
今日も、走っていたのだが、最近のテーマとしていかにお尻の筋肉を使って股関節を後方に進展させて、走れるか、前に進めるかに取り組んでいる。ハードリングも、上に跳ぶ踏切と前に跳ぶ踏切では、ロスが大きく変わる。前に跳んだ方がよい。前に踏み切るということは、お尻の筋肉を使い、後方にスイングして進むことだ。が、しかしこれが難しい。

それで、ジャンプトレーニングでも真上に跳ぶ内容と前に跳ぶ内容のものでは、狙いとするものが変わるということに。今更感はあるが、そのように考えた。

だから、ハードルジャンプもいいが、どちらかというとバウンディングや立幅跳のような前方に跳ぶ練習はそれを意識するうえではより効果的なのではと考えた。
ちょっとまとまりがないが、前に跳ぶ練習が大切な気がした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA