一期一会

一期一会という言葉は小学生の時から知っていたが、その意味を理解することになったのは今回が初めてだった。 全く予定や計画がないまま、普通高校での講師を始めて、今日で終わった。初日に行った時から、最後の日はさびしい気持ちになるんだろうなと思っていたが、やはりさびしさを感じた。

初日より、2回目よりと回を重ねるごとに少しずつ会話も出来る様になったし、耳も傾けてくれる様になったなって今日は感じた。 自分はそれほど教員になりたいとか、体育を教えたいという気持ちは強くないが、それでも今は後悔でいっぱいだ。もっと良い取り組みがあっただろうと考えるし、よりよい関わり方があったはずだと思う。もっと強く、限りあることを意識して接していくべきだったなと思う。 結局、なにも出来なかったなという想いしかない。こう思われるだろうなとか、そういうマイナスの思考が多かった。あと自分の考えが浅すぎた。 今回のことを反省して次に生かしたい。 友達が買っていたので今日、買って少し読んだらそう思った。

一期一会」への5件のフィードバック

  1. ディップ動作について教えてください
    ハードルを飛ぶとき上体を倒すことがなかなかできません

    • コメントありがとうございます。返事が遅れてすみません。
      ディップは実は難しいです。自分も、大学3年までどの様にどの様な目的でディップをかければよいか理解出来ませんでした。
      ただ単に、身体を倒すことだけをやってしまえば腰が落ちたり抜けたりしてマイナスになりますから。
      よく言われることはディップはかけるのではなくかかるものです。
      自分は、それほどディップをかけようとはしていません。
      上半身からハードルを越えていくイメージがあれば上体は多少、前に傾きます。また、リード足で越える意識ではなく上体から越える、そのためにリードアームを前方に深く出す動きなどがあれば、自然に身体は倒れます。
      ディップをかけることよりも、上半身をしっかり前方に運んであげることの方が大切です。今はそれほど意識しなくてもよいと思います。

  2. お久しぶりです
    今季の大会で100mH15秒19というタイムまで縮める事ができました。
    次は14秒台をねらっています。
    それでお聞きしたい事があってコメントしました。
    大会の際に先生にハードリングの時に体をもっと倒せ
    と言われたのですが倒した方がいいのですか??

    • お久しぶりです。自己ベストが出たんですね。おめでとうございます。
      15秒19ならば14秒台が狙えそうですね。これから調子がより上がるでしょうし、行けそうですね。
      正直、動きを見ていないので何とも言えませんが、無理して身体を倒そうとすると腰が落ちたり踏み切りのタイミングがずれたりとマイナスになることも考えられます。
      あまり倒すことを意識する必要はないと思います。それよりも、もっと上半身からハードルに突っ込むイメージが良いかもしれません。脚で越えるのではなく上体から越えるイメージです。
      そのためには、腕を前方に深く出したり上体を前方に運ぼうとする動きから身体が倒れている様に見えます。身体を倒すことは結果そうなっているだけで、それは目的ではありません。
      踏み切りで大切なことは、しっかりと自身の身体を前方に力強く運んであげることです。その時、上体から運んであげるイメージが出来ると倒れている様に見えます。そんなことを考えながら練習してみてください。

  3. ありがとうございます
    いつも勉強になります。
    練習でやってみます。
    ほんとにありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA