スクワットを習得する

最近、速く走るためのトレーニングには様々なものがあって何ができるから、速いではないと話した。どれも数ある練習の1つに過ぎない。がしかし、スクワットを習得する、習得しようとすることは走りの本質を突いた練習の一つではないかと考えている。
真剣にスクワットを習得しようと、頑張っていたら走りに変化が現れた。ある日、走りってスクワットの力発揮と似ているなと思った。一回、一回の走りがスクワットを行っているような感覚を得られた。
おそらく、スクワットを習得しようと腰の位置、骨盤の向き、肩甲骨の位置などを細かく調整する習慣が走りの時にも有効に全身の筋の力発揮を行いやすいポジション作りへとつながったのだろう。あと、単純にお尻の筋に力が入りやすくなって、お尻の使い方が上手になった。

おれはこう思う。細かいドリル練習をやるなら真剣にスクワットを習得してみないかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA