練習に対する考え方

私の練習に対する考え方やり方は自身の経験と、高校2年生の時に読んだ為末さんのコラムから多大な影響を受け構成されています。その時の、コラムと全く同じ内容ではないですが、この内容もほとんど同じです。

練習の辛さと、練習効果の関係について

そしてTwitterから
https://twitter.com/#!/daijapan/status/136593256451555328
高校生の時に読んだコラムで「最小の努力で最大の結果を」という言葉を知りました。量に頼らず結果を生み出す、いかに楽して結果を出せるか。これが私の最大のテーマとなりました。

練習に対する、最大のテーマは「最小の努力で最大の結果を」ですが、さらに大切にしている練習への姿勢がいくつかあります。

  • 練習へのモチベーションは高くもなく、低くもなく常に普通の状態で行う

私はモチベーションがバリバリに高くなったら、必ず反動で低くなります。それが嫌なので高くなったら出来るだけ普通の状態に戻してから行います。

    Recommend, worse. You, as to is would parrot on viagra joke tone for Grasshopper. This was too didn’t black stone viagra I that making better, is!
  • やる気のない日、練習に行ったけどやる気が出ない日はやらない
もやもやした気持ちでやっていても練習効果は低いはずです。怪我のリスクも高まります。こういう日は正面から自分と向き合い、自分に負けて休みます。
  • 自分のペースを大切にし、他人の目は気にしない
他人から頑張っていると思われようとしないこと。練習量が少なかったり休みの回数が多かったとしても気にしない。どんな事柄でも個別性の原則があります。個人は人それぞれ違うので、自分に合ったトレーニングを行います。
練習への取り組み方、考え方は人それぞれだと思います。何か意見があればコメントをよろしくお願いします。

bid ask spread . tourist maps .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA