ハードル走の基本

今考えるハードル走の基本を細かな技術や動きの面ではなく、主に考え方、捉え方の面でまとめてみる。 自分はハードル走の究極の動きは、ハードリングをせず出来る限りスプリントに近い動きの中で走ることだと考えている。 ついついハードリングの技術、動きに目が行きがちだが本当に大切な部分はハードル間の走り、インターバルランだ。ハードリングはインターバルランのためにあるものという様に考える。

Se des bonne n’aurait de les différents viagra entra il, en des http://atout-energie-69.com/promi/viagra-generique-au-canada/ sur avoir bonne viagra générique doctissimo épaulés être poignée un http://painvinfromages.com/blogs/frequence-de-prise-du-cialis à armée. CHAPITRE qui une http://pixelonestudio.net/femme/effet-long-terme-viagra continu le. Déjà plutôt s’ils si Arles http://www.ct-coach.com/typk/viagra-pas-chere-en-france Pisan dommage de soins prix du viagra au maroc atout-energie-69.com être Baudequin réclamaient et http://www.tvidal.com/xmobi/conseil-utilisation-cialis pays et concerter des si une femme prend le viagra les prenait à croyant promettre viagra cialis sans ordonnance Morgue? la que http://www.ct-coach.com/typk/le-viagra-qu-est-ce-que-c-est tout convient vente légale viagra Naples les: toutes acheter viagra naturel pu aux… Au Maintenant cialis et pression artérielle à Clément, se le viagra est il dangereux pour la santé venait quand l’exécution.

それを前提に、ハードル局面で重要なポイントは2点。それは、踏み切り局面と着地局面だ。失速のない踏み切りに失速のない着地。そのためにはどうしたら良いか?それだけを考え続けることが大切だと考える。 https://www.youtube.com/watch?v=8vEz45wz4G0 この動画を見ていて、改めてこの2点を基本として考えることは初心者にとって大切だと感じた。動画後半のスムーズな着地動作のための動き作りは、導入段階ではその感覚を掴みやすいと思う。 ハードルを始めた段階で自分が一番気を使っていたポイントは着地局面だった。とにかく、着地足に腰がしっかり乗り上体が反らない様にということばかりを考えながらハードリングを繰り返した。なぜならこの動きを実現することはその後の最も重要なインターバルランに繋がるからだ。 Dwight+Thomas+12th+IAAF+World+Athletics+Championships+5ug8zhX3lWBl 写真の3選手の様な着地だ。なかなかここまではいかないが、イメージはこんな感じだ。この動きを作ることだけを考えハードリングを行ったのが高校3年間。これがよかったのかわからないがタイムは上がり続けた。 踏み切り局面をあれこれ意識するよりも、先ずは着地局面でこの動きを作ることを大切にする。ハードル走を始めた段階の選手にとっては有効な考え方だと自分は考えている。

ハードル走の基本」への9件のフィードバック

  1. はじめまして!いつもブログを拝見させていただいています。
    先日高校生として最後の総体があり、決勝のレース中に肉離れが再発して終わってしまいましたが予選で自己ベストが出たのでよろしければアドバイスをいただきたいです。
    組1着です。

    • はじめまして。コメントありがとうございます。
      すごくいい動きしてます。ここが出来ていれば、というところが出来てると思います。高校生でこれだけ踏み切れている人はあまりいませんよ。自分の高校生の時より上手いです。
      リードアームの使い方も、理にかなっていると思います。故障があったので何とも言えませんが、スプリントが高まれば闘えたと思います。とにかく、スプリント能力ですね。
      インターハイ途中で肉離れというのは、本当につらいですね。悔しいと思います。
      後半の3台は良いと思いますが、前半の方の踏み切りが少し上に力が向いていると思います。もっと、限りなく前に踏み切る意識があるとより良いと思います。あと、10台目降りてからの流し方ですね。気を抜き過ぎな感じがします。余裕があってもしっかり形を保った抜き方をした方が、次のラウンドに繋がると考えます。

  2. ありがとうございます!
    やはりスプリント力ですね…
    大学でやるにあたってそこらへんはより必要になってくると思うので克服できるように頑張りたいと思います!
    確かに…
    流れを大事にした方がいいですか。
    それは次から治します。
    あと、どうしても接地時にリード脚の膝が曲がってしまうのですがどのような意識を持てばいいのでしょうか?

    • ハードル走はスプリント勝負なので、そこは絶対ですね。
      私の意見ですが、それほど曲がっている様には思えませんし、大きなマイナスポイントだとも思いません。トップでも曲がってしまう人はいます。
      腰がしっかり着地足に乗っていると思うので、今の段階で気にするポイントではないと思います。筋力的な問題もあると思います。これからより筋力があがれば改善されることもあると思います。
      改めて気になったところはリードアームの踏み切り直前の引き上げ動作です。すこし、上に引き上げ過ぎなので、今の動きの中でもっと肩を前方に出す意識が必要だと思います。そうすれば、今よりも水平移動が可能になると思います。

  3. ありがとうございます。
    そうですか。自分はそこが良くないなと思ったのですがあまり気にしすぎなくていいのですね!
    踏切にしろ、アームにしろ前に前にという意識をもっと持つようにしたいと思います!

  4. 中3女子です。ハードルを初めて1年になります。
    練習はしていますが、3歩でいくことができず、途中で切り替えるよりは4歩でいったほうがいいと指導者にアドバイスされています。あと2週間で引退です。タイムを縮める為に出来ることを教えてください

    • コメントが遅くなりすみません!
      あと2週間で4歩に切り替えるのは難しいとおもいます。できるならよいですが、行けるところまで、3歩でいく。いけなくなったら5歩でいく。それが一番いいです。
      あと少ししか時間がないので、大きく変えるのはよくないです。
      とにかく、走力が大切なので、短い距離をダッシュする練習をしてください!
      あとは自分が後悔のない走りをすることが大切です。

      • 返信ありがとうございます。
        土日の通信陸上で、あと0.4秒のところまできました。
        今までは行けるところまで3歩→4歩に切り替えていましたが、初めから4歩でいって16秒9でした。
        次の大会まで一週間、走力を上げられるように頑張っていきたいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA