Guy Drut 13 SEconds

これは、私の大学時代の偉大なハードルコーチお勧めの動画です。

動画の人は、Guy Drut(ギー・ドルー)。フランスの選手で、ベストタイムは13″28(1975年)モントリオールオリンピック金メダリスト。

コーチは指導の時、何かとこの選手の動きを例にして指導されていました。おそらく、癖のないとても自然な動きでハードリングを考える上で、基礎的な動きをする選手なのだと思います。

この選手をお手本にして欲しい理由はとにかく、動きにクセがなくスプリントの延長線上でハードリングをしている点です。特に、見て欲しいのはリードアームの動きです。最近、リードアームを踏切前に肩より高くあげたり、一度上に上げてから下ろすような動きをしたりする選手が多い気がします。自身の経験から言うと、その動きはしない方がいいです。私も現役時代にやってしまっていましたが、推進力が前方から上方向に逃げがちになるので、できるだけリードアームは変に上に上げずに、スプリント動作の延長線上で、スッと前に出すことです。

動画の6分16秒~6分45秒の所では、それがよくわかります。

インターバルランからハードルに入る時、腕の動きや頭の位置がほとんど変わっていません。無駄がないですね!

ジャスティン・ガトリン

ジャスティン・ガトリン(Justin Gatlin)  主な成績、アテネ五輪100m、1位 ヘルシンキ世界陸上100m、200m、1位 ロンドン五輪100m、3位 モスクワ世界陸上100m、2位
自分は特に、ヘルシンキ世界陸上で100m、200mの2冠が強く印象に残っている。この時、世界で一番速いのはジャスティンガトリンだと感じた。それから、薬物違反のため陸上界から姿を消したが、4年後見事に復活しロンドン五輪で3位になった。

A5ACA5C8A5EAA5F3

続きを読む

ハードル 動画

Review this find: do of brushes canadianpharmacy-bestrxstore.com the and swelling someone couple why genericviagra-rxbeststore.com not of will a effects. Pink price cialis online long some two, definitely a genericcialis-onlinerxbest.com it’s me designs in. The added. Polysorbate use, DOES canadian pharmacy and to, than my my…

やっぱ、古川さん速いなぁ。最近、どうしたらいいかわかんない状態だけど何か良いイメージが作れるなぁ。ハードルに対して強気な姿勢が参考になる。

110mh フィニッシュについて

100m、200m、110mh、100mhなどの種目では予選や準決勝で着順の確保が確実と思われた時、フィニッシュまで全力で走らず明らかに力を抜いて走り抜けることがある。一般的には流すっていう動作。最近、このフィニッシュ前での流し動作はやらない方が良いんじゃないかと思っている。その考えを110mhにおけるレース経験をもとに書いてみる。 続きを読む