陸上競技 大学進学で上京したとき

自分は、生まれてから高校卒業までずっと九州、福岡で育った。
高校生の時、110mhでインターハイ3位になって順大からお誘いを受けた。期日まで、地元の大学に行くか、順大に行くかで迷ったが、順大を選んだ。
当時は、今よりも少しだけだが、まだまだ東京は遠い印象だった。クラスの中に東京に行ったことがある人の方が少ない感じで、そこそこの進学校であったと思うが、関東の大学を志望する人は、400人いて40人もいなかったと思う。
当時も今も、ばぁちゃんは東京は怖いところやけん、注意しなさいと言う。
当時のおれは、東京に行くことがものすごく怖かった。正確には千葉だが、福岡県民からしたら千葉は東京。ましてや、体育大学に行って陸上競技をやるというのは、それなりの、覚悟が必要で、大学生活にキラキラやワクワクは抱いていなかった。
福岡空港で、家族と別れる時、母親の顔を見た時一瞬泣きそうになった。本当に、さようなら、戦いに行ってきます。という感じだった。
丁度、発ったのがこの時期だったのでそんなことを思い出した。
今でも、九州の人間が関東に行くのはそれなりの覚悟が必要だと思う。地図で見るとやっぱり、遠いなと思うし、まず九州は本州とつながっていない!遠いなぁと思う。
それでも、3ヶ月もすればいつもの日常になると思う。この時期、中学から高校へ高校からそれぞれの進路へ進む人たちは皆、不安だと思う。何かから離れることは、1人の人として自立する瞬間だと思う。自分の力でやっていけるか挑戦する瞬間だと思う。孤独と戦いながら、自分と向き合いながら、新しいステージで戦って自分に自信をつけて、帰って来られたらいいなと思う。

陸上競技 大学進学で上京したとき」への2件のフィードバック

  1. 自分もtakashiさんのような大きな別れではないですが、進学する高校に同じ学校の子が誰もいなくて不安と寂しさがあります。
    確かに離れることは不安ですが、1人の人として自立するにはみんなが通る道なんですね。とても共感させていただきます!

    • コメントありがとうございます!
      高校進学、不安ですよね。無理せずに、馴染んでいけるといいですね!
      頑張ってください^ – ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA