変わるって大変じゃない?

という、今までにない切り口のタイトルにしてみた。
ほとんどの人間は、現状の自分に満足しておらず、変わりたいと思っているはず。
それが、例えば自己啓発の本を読んだり(めちゃくちゃ読んだ。)英会話スクールに通ったり、海外行ってみたりセミナー行ったりする。
けれど、変わるってそういう大きな一発の出来事の有無ではない。変わるっていうのは、長期的でめちゃ地味な作業の積み重ねの継続の先にあるものだと思った。
だから、変わるって大変。

では、どうやって変わるか、おれの大切だと思うこと。それは、時間のコントロールだと思う。
やる気とか、気持ちとかそういう波のあるものに頼らず、時間で自分をコントロールする。
変わるために勉強をしようとする。朝、6時半に起きて今までよりも1時間早く職場に行って勉強をする。休憩時間の45分のうち30分は机でノートを見返す。終業後に1時間残って勉強をする。
そうやって、それを習慣に変える。
そうやって、地道にコツコツと変わる。
変わるってのは、劇的なものではなく、コツコツとほんのすこしだけの先にあるものであることに今更気づいたのだった。(´-`)

変わるって大変じゃない?」への5件のフィードバック

  1. シーズンインしたら、ショート、ハーフインターバルでの練習ではなく、正規に近いインターバルで練習した方が良いんでしょうか?

    • シーズンインしたからと言って、正規の幅で練習することが絶対ではないです。
      足、一足分くらいを縮めて練習するほうが効果的だと思いますよ!

  2. 自分の学校にハードルの指導できる人がいません。この動画を見て何が良くないか見てもらってもいいですか?自分の感覚では後半すごく減速します。また抜き足が遅れてると言われました。そしてそれらの原因を改善して14秒台を目指してます。アドバイスとその練習方法教えてください。
    ちなみに動画は5レーンで身長183センチ
    ベストは15.98です 100は11.8ですが冬季練習を積んでいるのでもっと速くなってると思います
    https://youtu.be/YEhQLZ9zOjY

    • 動画観ました!
      後半の失速はもう少し、走力が向上しなければ改善は難しいです。あと、後半の失速は誰にでも起こります。もっと走力を、あげて減速が目立たなくないするしかないです。
      踏切はとてもよいと思います。踏切足にしっかりと乗り込めていてよいですよ!
      ハードルを越えてから、着地するまでの間にもう少し上体を伏せ続けることができるとより、スムーズな走り出しができると思います。
      着地したら早く走りたいと思う気持ちが強くなりすぎると、ハードルを越えてる途中に、上体が上がってしまい、着地時に後ろに沿ってしまい、走り出しが遅れます。自分もよくなります。イメージとしては、空中でもっとリラックスしてリードアームを遠くに出し続けるイメージです。着地したと同時に上体が起きるようなイメージがよいとおもいます。
      もう少し、じっくり観てコメントしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA