世界陸上 モスクワ

M5b99HC

結果

世界陸上を観ての感想。

今回の世界陸上は、今までで一番観た。本当に痛烈に感じたことは、世界との距離。各種目の日本代表が全く闘えない。100mも10000mも走りがあまりにも違いすぎた。TVの前で勝てるわけがないって何度も思った。ちょっとショックだった。トレーニング内容にそこまで違いがあるとは思えない。むしろ栄養面や練習環境は日本の方が良いはず。やはり人種の差なのだろうか。生まれつき備わっている能力の差をひっくり返すことは無理なのかと感じてしまった。自分の立場に置き換えると、少し失望する。

目に見えない能力の差は置いといて、世界のトップと明らかに違ったことは身体の大きさだ。スタート地点に立った時、中学生と大人くらいの差がある。階級制でない陸上競技は身体が大きくて、筋量が多い方が有利だろう。短距離のトップは腕もしっかり太い。110mhのオリバーなんてまじでやばい。生まれつきの能力で差があるならば、せめてフィジカル面で補わなければいけないと改めて思う。つまり、身体を大きくすることが勝つための方法だと思う。

mig

このまま行くと、日本人が世界と闘える日は来ない気がする。むしろ差が開く一方じゃないかと。陸上競技を始めた時から、世界の陸上界で日本の位置はほとんど変わっていない気がする。今まで、スポーツをする余裕のなかった国が安定して参戦し始めたらますます決勝の道は遠のきそうだ。

大陸で近隣諸国と繋がっていない島国の日本は『海外』の意識が強い。海外選手と触れ合う機会も少なく、その能力や力の違いに気きづらい。もっと世界を感じて痛感する必要があると思う。世界陸上で感じてたのでは遅いのだろう。それでも、世界ユースとか、世界ジュニアで活躍出来るのがまた謎だ。シニアになった瞬間に一気に差が開くのは、何が理由なのか。

今回もジャマイカが男女ともにめちゃくちゃ強かった。国策で陸上競技に力を入れているとしか思えない。ロシアは美人選手が多かったというより美人しかいなかった。これも国策で何かしてるんじゃないかと思った。日本人選手がこんなに活躍しない世界大会を連日に渡って長い時間独占中継するTBSはすごい。

世界陸上 モスクワ」への3件のフィードバック

  1. 走り高跳びの女子の決勝の銀メダルやった奴見た?
    あいつのPowerゲージのため方ヤバイ。

    • B.バレットね。やっぱ、あれくらい突き抜けてないとだめだよ。
      今日はありがとう。まだ、発売されてないみたいだけどNot yetの『次のピアス』って曲、絶対良曲だよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA