ハードル走 コツ

ここ5、6年の間に110mhも100mhもタイムが大きく向上している。自身が大学生の時は、110mhで13秒台で走ることができれば一流ハードラーといった感じだっが、今は高校生でも出せるタイムとなり、日本記録も13秒06となった。一体、何が変わったのか。おそらく、変わったのは110mh、100mhに対する意識、考え方が変わったのだと思う。

自身が110mhを真剣に行なっていた時は、まだ技術力の向上こそがタイムを縮める一番の方法だと思っていたいし、ハードル界全体がそういう考えだった。走力筋力よりも技術。そいう考え方が蔓延していた。だから、大学でも足が遅いからタイムが出ないと言われることはほとんどなかった。だが、今考えると、13秒台がでなかったのは走力が今ひとつだったからだと思う。

それが、刷新されて技術よりも走力、筋力が前にきているのでタイムが伸びているのだと思う。技術よりも走力。とにかくタイムを伸ばしたければ技術よりも走力を向上させることが大切だと感じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA